【最新】生活費を予算立てしてやりくり!我が家は財布2つで管理☆

我が家は一応、予算立てをしています。
でも予想外な出費とかありますよね~・・・。
2020年は予算の変更もありましたので
2020年バージョンとして、我が家の予算立て方法をご紹介します。




予算立ては細かくしないようにしています。
細かくしすぎると管理が大変になるから。
大ざっぱにいきましょう。



大ざっぱな予算立てでやりくり


予算立ては細かくしすぎると、管理が大変になる上
やる気もどんどん無くなっていきます。
大ざっぱに管理できればお金の動きもざっくり分かりますので
細かすぎない予算立てをしていくのがオススメです。

私のざっくりした予算立て方法をまとめました。


食費、日用品、外食費は1つにまとめる


この3つをひとまとめで予算立てしています。
我が家は全部で5万円の予算。

食費3万5000円
日用品1万
外食費5000円

となっています。

2020年の食費予算は35000円。
以前は食費3万で予備の5000円と余った外食費を活用していましたが
2020年に食費予算を変更し、
余ったお金は次月に引き継ぐ形になりました。

日用品1万と外食費5000円はほぼ余ります。
日用品はまとめ買いで買うことが多いし、
外食もほとんどしないので使いません。

なので余ったお金は次月分に回し、足りない分を降ろす形です。



週分けはしない


雑誌で見たり、ネットで見たり色々情報収集していると
週分けしている方もいますね。
1週間でこの金額だけ、というやり方。
これも良いなと思ったんですが我が家では採用していません。

めんどくさいからってだけです・・・。笑
私、めんどくさがりすぎて。
しかも分けたら次の週にお金入れ忘れて
買い物行ったらお金ない!とかありました。
めんどくさがりでそういう事が出来ない私にはダメでした。

何事も1度取り入れてみないと自分に合うかどうか分からないので
やったことない方は一度試してみるのもアリです。

でも週分けしなくてもやりくりはちゃんと出来ますよ。



財布は2つ用意する


私は予算の5万は常に財布に入れっぱなしです。
ただ、財布を2つ用意しています。
食費&外食費用と、日用品用です。

勝手に分けられているので何にどれぐらい使ったかの把握が
大ざっぱですが、出来る形です。
お金を分けておいておく必要もないし
予算内でのやりくりもしやすいです。

なんなら買い物に行くときは使うカバンが決まっているので
財布2つともカバンの中に入れっぱなしです。
カバンを変更するときに財布入れ替えるだけ。笑



予算オーバーしても気にしない


予算立てすると、予算内で頑張ろうと思ってしまいがちですが
あまり気にしすぎるのも疲れますよね。

なのでオーバーしても気にしないこと。
月締めの時に反省して次に上手くやりくりしていこうとか
どこかで調整して戻していきましょう。
まとめ買いしてオーバーしたなら次月は余るはず!

ずるずる引っ張って
何ヶ月もオーバーにしないように気をつければ良いことです。





何ヶ月も予算オーバーしている場合は予算額に問題あり!


3ヶ月以上、毎月予算オーバーしている場合は
予算の設定金額に問題ありです。

いつもどれぐらいオーバーしているか把握し、
平均額を計算して、平均額分予算にプラスするのが1番良いです。

毎月いつも無駄遣いしているな~と感じているなら、
無駄遣いしない工夫が必要です。

いつも買い物しすぎてしまう方にはこちら☆
食費を節約するためには?買いすぎ防止方法



『予算』だという事を忘れないこと


家庭の給料、同居人数などによって予算額は大きく変わります。
我が家はこれぐらいかな、と
毎月いくらかかっているか把握して、予算額を決めて頑張っていきましょう。

あくまでも予算。余らようとしない

この予算内で頑張って生活していこうって事なので
この予算でいくら余らせよう、という考えはしないこと。
貯金は別で考えましょう。

先取り貯金と小銭貯金が私のオススメです。
小銭貯金と先取り貯金のやり方!簡単にコツコツ貯金しよう



予算立てしないという選択肢もあり


予算を決める方がストレス溜まったり、めんどくさい!という方。
予算立てしなくて良いです。

家計簿をつけて、週や月で使っている金額が分かっていて
貯金が出来ていたり、赤字になっていなければ
それはそれで自分に合ったやり方と言えると思います。

絶対予算立てしないといけないって事はないです。

我が家も予算立てしていない時ありました。
適当な金額降ろしておいて、余ればおいておき
足りなければ降ろす。そんな生活をしていた時期もあります。
(息子が赤ちゃんだった時とか)

私は予算立てする方がお金の使い方が見えるので
予算立てするやり方で落ち着いています。

自分に合ったやり方を探すためにも
やった事無い方は一度予算立てする月を作ってもいいと思いますし
逆に予算立てをやめてみるのも良いですね。



まとめ


生活費って月によってかかる金額が違いますよね。
野菜高騰や値上げ、出費が多い月もあります。

結局生活費でお金がかかっていても
他で抑えられて月の貯金額が少しでもあれば
それで良しとしましょう。
勿論振り返って、次月はこうしようああしようと考え実行する必要もありますが

財布のヒモをきつくしすぎるとストレス溜まります。

私は無理せず楽しく貯金していきたいです♪

参考になれば幸いです。
ではでは。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ